img_02

エステについて調べよう

日本人は、一昔前まではあまり歯のことについて、それほど関心や意識がなかった国ではないかと思います。
欧米の子供たちは、かなりの人が歯科矯正をしているイメージがあります。


映画館のスクリーンに出てくる子役俳優なども矯正をしている子供が映し出されています。

私が小さい頃に見た、私と同年代の外国の子供も、歯に矯正をしながら演技をしていました。

向こうでは昔から、歯は顔の一部分と位置づけられており、大事なアピールポイントでもあったのでしょう。

日本人が歯を美しく綺麗にと思うようになったのは、ここ十数年のことではないでしょうか。今では審美歯科なるものも存在します。


私も7・8年ほどまでに審美歯科医で歯のホワイトニングをしたことがあります。その時の主な治療法は、自分専用のマウスピースを作り、夜寝るときに毎日ジェルのような薬剤を流し入れ、寝るというものです。
その薬剤が歯を白くしてくれるのだそうです。

それは、匂いも味も特にはありません。


しかし、私が行った医療機関は審美歯科を専門としている審美歯科医ではありません。一般の歯科医さんが審美歯科も行なっているという所でした。

人には聞けない珍しいの情報をお教えします。

今日では、審美歯科専門という医療機関も多く見られます。
私は自宅で行うホワイトニング溶液の他には、特に何も行なってはいませんでした。

しかし、今の審美歯科は歯にライトを当てて、歯のホワイトニングを行なってくれるそうです。

テレビを見ていると、歯が真っ白な芸能人の方もいます。
あまりにも白すぎるその歯は、おそらく歯のホワイトニングを行なっているからでしょう。

不自然すぎる程の白さです。その笑った笑顔は、不快に感じるということは決してありません。けれども、白すぎて違和感を覚えてしまうというのも事実です。

前歯を差し歯にしている人も多いです。


差し歯は人口の歯なので、色が黄ばむということはありません。

ですから、自分の歯とその差し歯の歯の色が違う人という人もよく見かけます。

それも何だか、気になってしまいます。

歯というのは、見ていないようで、意外と目がいってしまう箇所なのですね。